お知らせ 【技術コミュニティ運営者の皆さま】成長し続けるエンジニアを支援する「Forkwell」と「connpass」が連携し、connpass上でイベントを開催する技術コミュニティを2020年3月末まで支援いたします。詳しくはこちら by Forkwell

このエントリーをはてなブックマークに追加

7月

19

プロダクトマネジメント勉強会 Vol 3

仮説検証型の事業開発を体型的に理解しサービスをGrowthさせよう!

Organizing : Growth Hack Studio

Hashtag :#thruster
Registration info

参加枠1

1500 (Pre-pay)

FCFS
1/6

About Prepayment

About Prepayment Contact Info:

(Only shown to attendees.)

Cancel/Refund Policy:

キャンセルによる払戻しはいたしておりません。

領収データの発行:

発行しない (詳しくはこちら)

Description

サマリー

これまでネットやゲームの大手企業様、またベンチャーキャピタル様にて実施してきた勉強会を一般公開することになり5月に効率的な事業開発を実施する為の勉強会 Vol1を実施した結果、 勉強会の参加者から高いご満足 を頂けましたので引続き実施することにいたしました。

※ 勉強会のタイトルは変更しています。

本勉強会の対象者は以下の方を想定しています。

  • 事業(プロダクト)オーナーだけど、マネジメントについては苦手な方
  • 事業(プロダクト)オーナーだけど、中々数字が伸びない方
  • 今後起業や事業起ち上げを検討しているが、投資家にどう説明したらいいかわからない方
  • 支援先に対して論理的にアドバイスを実施したい投資家の方

本勉強会にご参加頂くと学べること

  • 事業とは一体なにか?
  • 事業を成長させるとは一体どういうことか?
  • 効果的な事業開発の為のマネジメントとは具体的にどうやるのか?
    • 事業ステージごとにどのようなドキュメントでモニタリングするのが良いのか?
    • チームメンバーの責務はどうあるべきか?
    • どのような会議体を運用する必要があるか?
  • 事業開発マネジメント手法TRHUSTER(スラスター)とは何か?
  • カスタマー プロブレム ソリューション フィットの言語化体験会

勉強会内容

事業成長のためには「PDCAを正しく回す」という表現がありますが、実際に その時表面化している課題を解決するPDCAを実施しても中々数字が伸びず混乱した ご経験された方は多くいらっしゃると思います。

なぜそのような状況に陥るのかといういうと、「優先順位の高い課題以外にPDCAを回している」からに他ならないのですが、「なぜそうなってしまうか?」ということをこの勉強会では主眼しています。

結論から先に述べると「マネジメントが崩壊しているから」という事になるのですが、これまでマネジメントとはマジックワードのように使われてきており、以下のようなことに定義がされてきませんでした。

  • そもそもマネジメントとは何か?
  • どうすればマネジメントは機能するか?
  • マネジメントが機能するとどうなるのか?

もちろんこれまでこれらが定義されていないのに、マネジメントが正しく実行されて成長してきた事業は沢山あります。しかし、その多くは事業オーナーの「天才的なセンス」や、ご自身の過去の経験から最適解と考えられる手段を見つけきたものと思われます。

しかしこの2つの解決方法は、自分自身が天才(センスが良い)であるか、または経験豊かたなビジネスパーソンでなければならないという制約がついてしまいます。

GHSはビジネス・マネジメント・サービスという「効率的に事業開発を実施するためのマネジメントソリューション」を様々な事業チームに提供してきました。その結果、事業開発には手法(プラクティス)が存在しており「その手法を理解することが事業開発への近道である」と確信を持ったのでTHRUSTER(スラスター)という手法を言語化し公開いたしました。

http://thruster.tokyo/

もし、今よりももっと効果的に事業成長を促したいと思っているのであれば、是非ご参加頂ければと思います。

過去参会者の声

  • 某メジャーショッピングモール社

勉強会をチームで受講した結果、 メンバー全員が共通理解のもと事業運営に関わることができるようになりました。 チームリーダーだけでなく現場のメンバーも含めて体系的に事業とは何かを理解することで、解決すべき課題が浮き彫りになり、より効果的なアクションを打てるようになっています。組織マネジメントを改革する上での共通認識としてぜひ受講することをおすすめします。

世の中にはスタートアップに必要な色々なフレームワークが存在するが、起業家側の問題の一つとして「どのフレームワークをどのタイミングで使うか」が広く知れ渡っていないことがある。THRUSTERを理解すると「各フレームワークを実際のチーム運用に落とし込むこと」ができるようになる。そしてこの勉強会は、この一連の流れが整理されており、投資家としても非常にオススメ。

開催概要

  • 開催日時:2017年7月19日(水)18:30~21:00
  • 定  員:6名(先着)
  • 会  場:未定
  • 参 加 料:1,500円(Paypal決済)
  • 懇 親 会:あり
  • 受  付:ご本人確認のため受付にてお名刺を頂戴いたします
  • 使用言語:日本語

タイムテーブル(時間は予定です)

時間 内容 備考
18:00- 開場&受付
18:30-19:30 プレゼンテーション 事業を成長させるために押さえるべきポイント
19:30-19:40 休憩
19:40-20:40 ワークショップ リーンダイアグラムを実際に書いてみよう!
20:40-21:00 ミートアップ

登壇者のご紹介

  • 株式会社グロースハックスタジオ 代表取締役 広岡一実

注意事項

  • 会場では十分な数の電源をご用意できない可能性ありますこと予めご了承ください
  • 会場ではFreeWiFiをご用意できない可能性ありますこと予めご了承ください
  • イベントの模様は後日GrowthHackStudioでのブログ等でご紹介させていただく可能性がございますこと、予めご了承ください
  • キャンセルによる払い戻しはいたしませんのでご了承お願いいたします。

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

GHS

GHS published プロダクトマネジメント勉強会 Vol 3.

06/19/2017 22:43

プロダクトマネジメント勉強会 Vol 3 を公開しました!

Group

Growth Hack Studio Inc.

マネジメントをシフトし、変化し続ける社会に適応する

Number of events 48

Members 284

Ended

2017/07/19(Wed)

18:30
21:30

Registration Period
2017/06/19(Mon) 22:43 〜
2017/07/19(Wed) 13:00

Location

Growth Hack Studio 本社

東京都品川区戸越5-18-6

Attendees(1)

kmat1976

kmat1976

プロダクトマネジメント勉強会 Vol 3 に参加を申し込みました!

Attendees (1)

Canceled (1)